FR-Z1 電動アシスト自転車

FR-Z1_red_p001

CANOVERからスポーティーな電動アシストミニベロ「Z1」が登場。シンプルで直線的なフォルムは注目度抜群です。ヨーロッパ市場で使用率No1電動アシストユニットのBAFANG(バーファン)システム+三洋(日本ではPanasonic)バッテリーを搭載した、アーバンクルーズの電動アシスト自転車です。

selling-point13 selling-point14 selling-point15 selling-point16

液晶ディスプレイ

FR-Z1_fc01

スッキリとした画面は初めて乗られる方でもわかり易く設計されています。夜間走行時でもLEDの発色で瞬時にパネルの内容を確認できます。側面にはスマホなどへの充電が可能な外部出力端子を装備しました。

シマノ製6スピード

FR-Z1_fc02

シマノ製6段スプロケットを採用。14T-28Tのワイドレシオは、乗る場所を選ばずさまざまなシーンで活躍します。

フロントLEDライト

FR-Z1_fc03

フレーム一体型のスマートなフロントLEDライト。ON/OFFをアシスト操作パネルのボタン一つで切り替えることが可能です。

リアLEDライト

FR-Z1_fc04

フレーム一体型のスマートなリア赤色LEDライト。フロントLEDライトと連動して点灯します。

前後ディスクブレーキ

FR-Z1_fc05

前後輪のメカニカルディスクブレーキは高トルクのアシストを瞬時に「止める」ために強力な制動力を持つディスクシステムにアップグレードされています。

リチウムイオンバッテリー

FR-Z1_fc06

バッテリーは信頼ある三洋(日本ではパナソニック社)製のものを採用、たっぷり7.8Ahのリチウムイオンバッテリーです。更に、バッテリーにはUSBポートを内蔵しており、緊急時のUSB電源としても使用できます。当然スマートフォンの充電も可能です。

スポーツコンフォートサドル

FR-Z1_fc07

スポーティーですが、肉厚なソフトサドルを使用していますので長距離でもお尻が痛くなりにくく、突然の雨でも生地やステッチに染み込む事のないシームレス成型を採用しています。

グリップシフト

FR-Z1_fc08

シマノ製新型グリップシフトを採用。グリップから手を離さず瞬時に、かつ直感的に変速を行うことができます。グリップにはエルゴノミクスタイプの汚れや雨、傷に強い皮革風PVCを採用しました。

折り畳みハンドル

FR-Z1_fc09

ワンタッチで折り畳めるハンドルポストを採用しました。車載時や屋内での収納時にかさばりません。

前後泥除け

FR-Z1_fc10

前後にスチール製泥除けを標準装備しています。濡れた路面の走行時にも衣服の汚れを防ぎます。

リアハブモーター

FR-Z1_fc11

ヨーロッパや北米で高い信頼を誇るBAFANGのユニットを搭載。ホイール一体型なので車体のデザインも損ないません。

USB外部出力機能

FR-Z1_fc12

バッテリーにはスマホなどへの充電が可能な外部出力端子を装備。いざという時に便利な機能です。

 

試乗インプレ

東京都 30代男性
今回、使用は通勤や近所のお買い物で最大20kmの走行で(私の)日常生活に合わせてインプレしました。  「by ター坊」

乗り心地 漕ぎだしから、太いトルクを感じられますが、特徴的だったのは平地での漕ぎだしと上りでの漕ぎだしがどちらも「同じ重さで」スムースなスタートであること。通常のアシストが坂道発進をした時、出だし重視の自転車の場合強すぎるパワーがかかってしまい怖い思いをしてしまうことがありますが(ですから、そーーっとスタート)その様なことがありません。また、逆に中高速重視の設定の自転車の場合はアシスト力が足らず、すこし走ってから急にビューンといった感じの出だしになりますが、Z1の場合は平地・上りどちらも「滑らか」な滑り出しでした。これが高精度トルクセンサーとコントローラーのなせる技なのでしょう。
坂道では、太いトルクでグイグイ上っていきます。試しに前後5kg、合計10kgの荷物を積んで坂道走行しましたが、荷物が無い状態とほぼ変わらない感覚で走行することができました。これは高精度トルクセンサーのおかげだけでなく、後輪モーターシステムが一役かっている様です。もともとZ1は後輪モーターを採用しているために走行時の耐圧バランスが「前35%:後65%」程度の比率になっています。(走行姿勢や、乗車される方によって異なります。)後輪に比重があるということは、駆動輪が常にしっかり地面に設置されていて、アシストモーターの力を「ダイレクトに地面に伝える」メリットがあります。これは上り坂ではなお更強調されます。
中速~高速 アシストが切れる26kmギリギリまでアシストが残っています。その反面25km以下に落ちたとたんすぐにアシストが入るといったフルサポートでスクーターに乗っている感覚に近かったです。これは、本当は長距離向けに良いのではないかと思ってしまうほどでした。街中での走行テストのために、信号待ちからの発進や人ごみにの中の低中速の走行が中心でしたが、やはりヨーロッパのスポーツ電動車で育ったユニットということがよくわかりました。
私の乗っているひと昔前のアシスト車と違い「ウイィーン」といったダイナモ回した様な雑音?も無く静かなモーター音もGoodな感じです。進化ですね。
アシストを切って(充電し忘れで切れてしまいました・・・・)普通自転車の様に走ってみましたが、モーターなどの余計な負荷はありませんでしたが、20kg以上の車重がありますし、6段とはいえ、変速機も駆使出来ますので、乗れなくはありませんが、やはりあの太いトルクを体感してしまいますと、もうアシスト無くして乗れません!!
最後に、欲を言えば・・・ロード乗りの私としては、もう少し細い20×1.2くらいのタイヤで、フレンチバルブなどの高圧バルブでカチカチタイヤにしてもっとスポーツ走行ができれば楽しいのに・・・と思いました。(乗り心地は感覚的なものが多く、個人的意見が入っておりますので、あくまでご参考までに・・・)

 

FR-Z1
メーカー希望小売価格 146,300円(税別)
商品名 FR-Z1 サドルの高さ(地上より)
カラー(品番) レッド(47107)
ホワイト(47108)
サイズ(横×高さ×幅) 1560x1070x590mm
JAN CODE レッド(4544507065828)
ホワイト(4544507065835)
折り畳み時(横×高さ×幅)
タイヤサイズ 20×1.95 箱サイズ(横×高さ×幅)
フレーム材質 アルミ ハンドルバーの材質 アルミ
ハンドルポストの材質 アルミ フレームサイズ
ブレーキレバーの材質 アルミ リム アルミ
シートポスト材質 アルミ 重量 21kg
シートポスト径 変速機 6段
泥除けの材質 スチール 適応身長 160cm以上
航続距離(1充電) 平坦路走行時
約70km
電池種別 Li-ionバッテリー
駆動方式 後輪ダイレクトドライブ 電池容量 24V 7.8Ah
種別 直流ブラシレスモーター 充電器種別 スイッチングレギュレーター方式
AC100〜240V(50/60Hz)
モーター定格出力 250W 充電時間 約4時間
バッテリー寿命 約500回
駆動補助付自転車型式認定番号:交N19-25
普通自転車型式認定番号:交A19-23
  • レッド
  • ホワイト
Products Support
注意事項
当製品は70%組み状態での発送となります。到着後、前輪、ペダル、ハンドル、カゴ、サドル等の取り付けが必要です。
各数値は計測方法により異なることがあります。
全ての自転車は工場出荷時に点検・調整済みですが、運送時の振動などにより調整に狂いが生じる場合があります。万一調整が甘くなっている場合、ブレーキ・変速機については購入後に再調整をお願いします。 (これらの調整は製品保証の対象となりません)

製品等の色は光の加減や、ご使用になるモニター、その設定によって若干の違いが発生する場合があります。製品改良のため予告なしに価格、色、デザイン、仕様などを変更する場合があります。仕様変更により写真と実際の商品が異なる場合があります。
本自転車は、検査設備を備える工場で生産されており、製造前・製造中・製造後に厳しい検査を受けて出荷されています。
機能説明のため、ベル、反射板、LEDライト等の部品を取り外している場合があります。公道を走行の際は、付属の保安部品を装着の上、正しく走行ください。また、撮影にあたっては、オプション製品を装着している場合があります。