Raychell MTB-266R

mtb-266r_bk_side

レイチェルブランドから新型の折りたたみマウンテンバイクがデビュー。街中を恰好良く、快適に走ることができるアーバンモデル
前後サスペンション搭載で路面の衝撃を吸収し快適なライディングを行うことができます。

シマノ6段変速

mtb-266r_fc01

変速にはシマノ6スピードリアディレーラースプロケットを採用。6スピード14T-28Tのワイドレシオは平道には最適な選択。よりシンプルに思うがままのライディングが可能となっています。アーバンシーンでの走行にも適応した装備です。

前後Vブレーキ

mtb-266r_fc02

マウンテンバイクによく使われるVブレーキを採用。Vブレーキは激しい段差や下り坂時に威力を発揮するタイプのブレーキです。強力にブレーキング力を発揮するので都会でのSTOP&GOには効果的。坂道や雨の日でも安心です。

フロントサスペンション

mtb-266r_fc03

大小関わらず段差の多い道路ではサスペンション無しでは快適な走行は望めません。体験しなければ分からない快適性を是非。リアサスペンションと同じくアーバンシーンでは必須とも言っていいほど重要な機能の一つです。

リアサスペンション

mtb-266r_fc04

走行時にはわずかな段差でも振動はつき物、時にそれは痛みとなって現れることもあります。リアサスペンションはそのストレスを減少させる有用な手段です。フロントサスペンションと同じくアーバンシーンでは必須とも言っていいほど重要な機能の一つです。

前後フェンダー

mtb-266r_fc05

雨の日や路面が濡れている状態の走行でも泥はねなどの汚れを防いでくれます。あらゆるシーンに対応する走りのためには欠かせない装備です。

シマノ製グリップシフト

mtb-266r_fc06

シマノ製新型グリップシフトを採用。走行中でもグリップから手を離さず瞬時に、かつ直感的に変速を行うことができます。現在の変速レベルも一目で分かる表示方式です。

スポーティタイプサドル

mtb-266r_fc07

スポーツタイプの形状を元にクッション性・快適性を高めたサドルを採用しています。付いていて当たり前、目立たないパーツでもありますが快適な走行のための配慮がなされています。

ブロックタイヤ

mtb-266r_fc08

グリップ力が増すよう、タイヤ接地面に角状または各種形状の突起を設けたタイヤ。雨の日や路面状態が悪い場所でも快適に走行することができます。

Raychell MTB-266R
メーカー希望小売価格 37,500円(税別)
商品名 Raychell MTB-266R サドルの高さ(地上より) 835-910
カラー(品番) ブラック(25546)
グリーン(25547)
ホワイト(25548)
レッド(25549)
サイズ(横×高さ×幅) 1730x1075x590mm
JAN CODE ブラック(4544507032509)
グリーン(4544507032516)
ホワイト(4544507032523)
レッド(4544507032530)
折り畳み時(横×高さ×幅) 990x750x440mm
タイヤサイズ 26×1.95 箱サイズ(横×高さ×幅) 1000x770x320mm
フレーム材質 スチール ハンドルバーの材質 スチール
フレームサイズ 410mm ハンドルポストの材質 スチール
リム アルミ ブレーキレバーの材質 樹脂
重量 17.6kg シートポスト材質 スチール
変速機 シマノ6段 シートポスト径 28.6mm
適応身長 160cm以上 泥除けの材質 樹脂
  • ブラック
  • ホワイト
  • レッド
  • グリーン
Products Support
注意事項
当製品は90%組み状態での発送となります。到着後、ペダル、ハンドル、カゴ、サドル等の取り付けが必要です。
各数値は計測方法により異なることがあります。
全ての自転車は工場出荷時に点検・調整済みですが、運送時の振動などにより調整に狂いが生じる場合があります。万一調整が甘くなっている場合、ブレーキ・変速機については購入後に再調整をお願いします。 (これらの調整は製品保証の対象となりません)

製品等の色は光の加減や、ご使用になるモニター、その設定によって若干の違いが発生する場合があります。製品改良のため予告なしに価格、色、デザイン、仕様などを変更する場合があります。仕様変更により写真と実際の商品が異なる場合があります。
本自転車は、検査設備を備える工場で生産されており、製造前・製造中・製造後に厳しい検査を受けて出荷されています。
機能説明のため、ベル、反射板、LEDライト等の部品を取り外している場合があります。公道を走行の際は、付属の保安部品を装着の上、正しく走行ください。また、撮影にあたっては、オプション製品を装着している場合があります。